髪が細柔らかい人、猫ッ毛は将来薄毛になりやすい?

髪が太い人、柔らかい人、細い人、かたい人・・。

髪の毛はその質ひとつとっても、人によって全然違っている。なかでも髪が細く弱々しい人、いわゆる猫ッ毛の人は早い段階で薄毛の不安を抱えている人も多いだろう。

というのも、髪が細いだけで量自体が少なく見えがちだからだ。ちょっと湿っただけでぺちゃんこになって薄毛っぽい雰囲気を醸し出してしまうよな!

しかし、本当に猫ッ毛の人はハゲやすいのか?
根拠や統計データ的なものはあるのか?

ここではこの真偽について見ていこう!

猫ッ毛と薄毛に関連性はあるのか?

回りくどいのは嫌いだ。結果から言おう。
猫ッ毛=ハゲやすいというのはただの都市伝説だ。

髪が太かったり、直毛だったり、細かったり、くせ毛だったりといった髪の毛の質はほぼ100%遺伝によって決まるが、猫ッ毛の人が薄毛になりやすいという根拠はどこにもないぞ!

猫ッ毛で心配しているヤツはそこまで不安になることはない!まぁ逆に、今は髪が太くてフサフサだからと安心しきっているヤツはもうちょっと心配してケアしておくことだ!

 

髪の毛の太さ、細さの基準って?

髪の毛の太さというのは通常約0.07mm程度と言われている。もちろん襟足や前髪、横髪など生えている部分によっても太さは微妙に違ってくるが、平均するとほぼほぼこれくらいなんだ!

だから、これより太い人は髪が平均より太いと判断してもらってOKだ。だいたい太い人は1mmくらいあるヤツが多いな。逆に0.05mmとかのヤツは髪が細い。

 

しかし、これらは年齢によっても違ってくるというのがポイントだ!

人の髪の毛というのは通常、20代をピークにそこからだんだんと細くなるんだ。昔は髪が太くて硬かったのに、年齢とともに柔らかくなって細くなったというヤツもいるだろう?

そういうヤツはとくに要注意!次で説明しよう。

 

年々細くなってたヤツは危険

年齢とともに髪が柔らかくなってきた、細くなって弱々しくなってきたというヤツは、かなりの確率でAGA(男性型脱毛症)が進行している可能性があるぞ!

見た目はあまり変化はないかもしれないが、水面下で薄毛の準備が着々と進んでいるんだ!これは目に見えないぶん、取り返しのつかないところまで放置してしまうヤツが多いのでタチが悪い。

もちろん老化とともに髪が細くなるのはある程度は仕方がない部分ではあるが、20代30代でもしこんな状況ならばそれは危険信号だ!頭皮環境が著しく悪化しているか、髪に必要な栄養が十分に行き届いていない可能性が高いぞ!

 

まとめ

生まれつき髪の毛が細いヤツや柔らかいヤツ、猫ッ毛のヤツは、それ自体が薄毛のサインではないので心配する必要はないぞ!ただし、だからといってハゲないとわけではない。十分に予防ケアはやっておこう!

昔は太くてフサフサだったのに年齢とともに急激に細くなったというヤツは、今現状で薄毛が進行している可能性が高い。

「自分は大丈夫だ」なんて慢心は捨て、プライドを捨てて今すぐにでも育毛ケアと生活習慣の改善に取り組むことをオススメする!

実際に「メディカルSMP」無料カウンセリング受けてみた!

ヘアタトゥーの専門医療クリニック「メディカルSMP」は無料でカウンセリングも行ってるぞ!そこで、

  • 実際のクリニック内の雰囲気はどんな感じか?
  • 一体どんなカウンセリングを受けることができるのか?
  • 強引に勧誘されたりしないか?

 

など徹底的に調べてきた!気になる方はぜひ参考にしてくれ!

実際のカウンセリングの様子を見てみる!

コメントを残す