薄毛遺伝が影響するのは父方?母方?両親のうちどちらの家系?

薄毛になる要因はいろいろあって一概には言えないが、やはり最も大きい要因として挙げられるのが遺伝だ!遺伝だからな・・と若いときからかすかに覚悟を決めていたヤツも多いはず。

どれだけ薄毛予防に気を使っていたとしても、生活習慣に気を配っていたとしても、遺伝の力はめちゃくちゃ強いぞ!遺伝でも諦めるなとか色々言う人はいるが、やはりこれは否定できないし運命から抗うのは難しい。

 

しかし、遺伝するとわかっていても「両親のどちらの家系に似るか気になる」というヤツもいるはずだ!例えば、母方のおじいちゃんがハゲで父方の家系はフサフサとか、逆に父方はツルツルだが母方の家系はフサフサとかいった具合だな。

つまり、どちらの遺伝子を引き継ぎやすいのか?
これは実は、ある程度の高確率で決まっているんだ!

今回はこの部分を少し詳しく解説していくぞ!

 

ハゲ遺伝子の影響を受けやすいのはズバリ「母方」

まず結論から話そう。自分が薄毛になるか、そうでないか。もっとも確率として高いのは母方の家系をみるのがいい!薄毛は母方の遺伝子に大きく左右されやすいんだ!

 

これはすでに世界中の研究データによって裏付けされているぞ!

例えば、ドイツのボン大学の研究チームが、アメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクス7月号で、AGA遺伝子の有力候補の一つを発見したと発表している。

その発表によると、「40歳以前に薄毛が進行しはじめた男性家系の血液を採取・分析したところ、X染色体にある男性ホルモンの受容体遺伝子に変異が目立つことが判明。このことから、薄毛になったのは遺伝子変異で男性ホルモンであるアンドロゲンの働きが強まったからではないかと仮説を立てることができる。」としている。

 

少し難しいかもしれないが、簡単に噛み砕いで解説しよう。

まず染色体に関してだが、男性は「XY」、女性は「XX」という配合になっている。そもそもYは男性にしかない染色体であり、X染色体は女性である母親から受け継ぐものなんだ!

つまり異変が目立つのがX染色体ということは、必然的に薄毛進行に影響を与えている遺伝子は母方の家系から受け継いでいるとうことだな。

 

ただし、薄毛原因は複数あるわけでこの遺伝子だけが100%でないことも事実だ。だから、全然ほかの遺伝子も関与している可能性だってある!母方がハゲてたら100%ハゲるというわけではないので、心配し過ぎるのも微妙だぞ。

 

まとめ

いかがだろうか?

薄毛の遺伝は母方の遺伝子が大きいということは理解できたと思うが、もちろん父親の遺伝子だってカラダには確実に入っている。昔は母親に似ていたのに、歳をとるごとに父親に似てきたというヤツも多いはずだ!

どちらか一方の家系を見れば将来が確実にわかるというわけではないので、あまりむやみに希望を捨てないで欲しいぞ!

 

・・ただ、ちなみにどちらの両親の家系もツルツルというヤツの将来はほぼ確実だな。

サラブレッドというべきか、相当な奇跡が起こらない限りゆくゆくは同じ道をたどることになるだろう。

もう辿ってるよ!というヤツ、もしくはすでに色々対策してみても効果がなく、遺伝には逆らえないと諦めかけているヤツもいるんじゃないか?

そういうヤツは、通常のAGA治療では回復はほぼ期待できない。すでにお金と時間を費やしたうえで絶望している人もいるかもしれない。

 

もしそうなら、そんなあなたにはヘアタトゥーをおすすめする。本物の髪ではないが、限りなく本物に近い見栄えでしかも確実に薄毛が隠せる画期的な医療タトゥーだ!

興味のあるヤツは、日本で唯一のヘアタトゥー専門医療クリニック「メディカルSMP」の公式サイトをチェックしてみてくれ!きっと新たな選択肢として視野が広がるぞ!

安心!おすすめヘアタゥー専門医療クリニック

メディカルSMP
%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ab%e3%83%absmp
メディカルSMPのここがポイント!
  • 日本初&唯一のヘアタゥー専門医療クリニック
  • 明瞭な料金体系でわずらわしい追加料金なし
  • 分割払いも可能(月々1,950円~)
  • 施術後1年間の無料メンテナンス付きで安心
  • 短期間で完了&すぐに実感
実際に「メディカルSMP」無料カウンセリング受けてみた!

ヘアタトゥーの専門医療クリニック「メディカルSMP」は無料でカウンセリングも行ってるぞ!そこで、

  • 実際のクリニック内の雰囲気はどんな感じか?
  • 一体どんなカウンセリングを受けることができるのか?
  • 強引に勧誘されたりしないか?

 

など徹底的に調べてきた!気になる方はぜひ参考にしてくれ!

実際のカウンセリングの様子を見てみる!

コメントを残す